読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳の神様(になりたい)

I am a reader, runner, lover of good food, and a office worker in Japan. As an enthusiastic fan and learner of foreign languages and movies, I aim to realize my ultimate dream: to become a visual media translator.

【会社員から翻訳家へ】第1歩目 日英翻訳コンテスト 優秀賞

【第1歩】初のコンテスト参加、結果報告

日英翻訳コンテストに初めて出品し、優秀者に選ばれました!!!!

とはいえ、翻訳のレベルと詰めはまだまだ甘い!鍛錬のために、あえて人目に記事をさらす事で訳文の一層のレベルアップを図りたい。

という訳で、とある翻訳コンテストに先月応募した記事を和文、訳文の順に以下に記す。

邦人7名を含む28名もの方が亡くなられたダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件の様子を、奇跡的に生き延びたイタリアの観点から語った記事だ。

事件の概要はこちら(CNNの英文記事)

 

<和文> ダッカ襲撃事件、妻殺害にさいなまれる夫の苦悩

携帯電話にかかってきた一本の電話が、ジャンニ・ボスケッティ(Gianni Boschetti)さんの命を救った──。バングラデシュの首都ダッカ(Dhaka)にある飲食店をイスラム武装勢力が襲撃し、人質20人を殺害した事件が発生する数分前、イタリア製生地を取り扱う会社で働くジャンニさんは、この電話に出るために店の外へと出た。

妻のクラウディア・マリア・ダントナ(Claudia Maria D’Antona)さんは、店内に残っていた。そして、他の大勢の客らと共に捕らわれ、人質となった。クラウディアさんは夫の名前を金切り声で叫び、その後はしんと静まり返った。ジャンニさんは店の庭に数時間隠れていたが、その後クラウディアさんの声を聞くことはなかった。

伊紙レプブリカ(La Repubblica)に対し、ジャンニさんは、「最後に妻の声を聞いたのは、店の中から僕を呼んだ声だ。店内で何が起きているのか…恐ろしくてたまらなかった。妻の元に行くこともできず、苦悩にさいなまれた」と語った。

<訳文>

A single phone call saved Gianni Boschetti’s life.

Just moments before the Islamic armed force attacked and killed 20 hostages at a restaurant in Bangladeshi capital Dhaka, Gianni, who handles Italian fabric for business, left the restaurant to take the phone call.

His wife Claudia Maria D’Antona remained inside and was held captive along with many other customers. Claudia shrieked out her husband’s name before falling silent. Gianni had been hiding in a nearby garden for several hours, but his wife’s voice was never to be heard again.

“Her calling my name from the restaurant was the last time I heard her voice. I was afraid of what was happening inside the place. Unable to help my wife, I was tormented,” Gianni said, to Italian press La Repubblica.