翻訳の神様(になりたい)

An enthusiastic fan and learner of foreign languages and movies. I also am a classical bookworm. I'm steering my way through the everyday mundane tasks, trying to realize my ultimate dream; to become a visual media translator.

【映像翻訳】"Polite way of putting it" 〜記憶に残った字幕〜備忘録3

2018年1月28日

グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン6−19 正義なき戦い

 

映像翻訳を習い始めて早1年。映像作品を見るときは、どうしても字幕に目がいくようになってしまった。

映画やドラマは勉強としてではなく娯楽として観ている。でも折角なので、良いなと感じたり、目から鱗が落ちた!字幕は書き留めておこうと思い、ドラマ・映画の台詞を一部引用して記させていただく。

今回も以前より紹介している人気テレビドラマシリーズ、グッド・ワイフ 彼女の評決の一場面を紹介する。

 

今回は、私の解釈が字幕と少し異なるために記すものである。背景の説明をば、簡潔に。

f:id:ay-chiwawa:20180128173706p:plain

 

物語の主人公アリシア(画面右)は、イリノイ州の州検事に当選したばかりである。

しかし、投票数を不正に改ざんした容疑をかけられ、州検事の座を辞退することを強いられていた。

彼女に辞退を要請しているのは民主党全国委員会の委員長、フランク・ランドー(Frank Landau)であり、半ば脅迫めいた口調でアリシアに辞退を迫っていた。

 

そんなアリシアを弁護するのが画面左のランドルフ氏。

彼がアリシアに、辞退を迫られた事実について聞き出している場面である。

 

台詞及び字幕のやり取りは以下の通り。

 

青文字:ランドルフ 黒文字:アリシア

 

ランドルフ氏:

Frank Landau asked you to withdraw altogether?

ランドーが辞退を迫ったのか?

 

アリシア

Well, that's a polite way of putting it.

言い方は丁寧だった

 

以上が二人のやりとりである。会話のごく一部を抽出しているので、これだけでは判断がつかないかもしれないが、どうもアリシアの台詞(紫色)の字幕が私の中でしっくりこないのだ。

 

"That's a polite way of putting it"の"That"は、委員長のランドーではなく、今話しているランドルフ氏の"withdraw altogether"を指している。

 

このためアリシアの発言は、

「趣旨は合っているが、あなたの発言ほど丁寧な言い方ではない」

すなわち

「もっと荒っぽい強い口調で辞退を迫られた」

という意図と解釈するのが自然だと、私は思う。

 

そこで、自分だったらどんな字幕を当てようかしら、と生意気ながら考えてみた。

アリシアのセリフは約2秒なので、使用できる文字数は8文字前後。

原文に含まれている要素は、

①辞退を迫られたことの肯定

②言い方の丁寧さの比較

の2点。

可能であれば両方の要素を字幕に表したいが、①の方がより重要なメッセージであることを踏まえ、いくつか候補をあげてみる。

 

a.もっと荒い言い方だったけど(①②は含まれるが文字数オーバー)

b.要するにそうね(②が抜けている)

c.もっと失礼だったけど(暗に①の要素を含み、②も表している。計9文字)

d.丁寧に言うとそうね(①、②を含む。計9文字)

e.そうとも言えるわ(①しか含まれない)

 

パッと思いつくパターンを書いてみた。この中だとc. d.がいいかしら。

①と②を約8文字で両方表すのは難しい。。独りよがりな訳にならないよう、他のジャンルの作品も観て、コンテンツの正しい解釈の勉強もし、日本語表現力も磨いていきたいと思う。

 

※失礼な内容や誤認等ございましたら、お手数ですがご指摘いただけますと幸いです。

【映像翻訳】"Kafka in action" 〜記憶に残った字幕〜備忘録2

2018年1月7日

グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン6−3 聖なる仲裁人

 

映像翻訳を習い始めて早1年。映像作品を見るときは、どうしても字幕に目がいくようになってしまった。

映画やドラマは勉強としてではなく娯楽として観ている。でも折角なので、良いなと感じたり、目から鱗が落ちた!字幕は書き留めておこうと思い、ドラマ・映画の台詞を一部引用して記させていただく。

 

気に留まる字幕には毎日出会えているのだが、書き留める時間を取れていないのが昨年の反省点。今年は一週間に一回くらいは更新できるかな。

 

今回も、弁護士ドラマのThe Good Wifeから引用する。シーズン6−3のある場面である。背景の説明をば、簡潔に。

 f:id:ay-chiwawa:20180107200216p:plain

女性弁護士のダイアン・ロックハート(中央)は、所属する弁護士事務所のパートナー、ケーリー・アゴス(画面右)の弁護を務める。

 

弁護士のケーリーは以前、身に覚えのない薬物所持の容疑で逮捕された。事務所や自らの顧客の協力によって何とか保釈金を支払い、保釈されたばかりである。

 

しかし安堵のため息をつけたのもほんの束の間。保釈されたケーリーに対し、検事補フィン・ポルマー(画面左)が保釈の取り消しを要求してきたのだ。

 

保釈の取り消しを求める検事補の発言を受け、ダイアンは裁判官に次のセリフで意義を唱える。

 f:id:ay-chiwawa:20180107195642p:plain

"This is-- This is Kafka in action." 

 

ん?活動中のカフカ?どういうこと?言いたいことはわかるけど、どう訳すのだ?

少し前に遡って会話を追ってみたい。

 

 

青文字:裁判官 黒文字:ダイアン

 

ダイアン:

Mr. Agos has already been through a source of funds hearing.

保釈金の資金源も確認済み

 

Now the county wants a revocation of bail hearing?

This is-- This is Kafka in action.

ここで保釈の取り消しとは

理不尽です

 

裁判官:

The longer I live, the more I realize that everything is Kafka in action.

世の中には理不尽なことだらけだ

 

カフカに対する言及があったのは上のやり取りだけであり、この前のエピソードを見てもこの後の展開を見てもカフカが登場する場面はない。

 

よって、この作品の中で、”カフカ”が特別な意味を持っているわけではなさそう。

 

ということは、ここでダイアンが"カフカ"と言うことで表したかった意味とは、世間一般的なカフカに対する認識と等しいことが考えられる。

 

カフカの作品がどれほど世間一般の人々に認識されているかはわからない。しかし、少なくともこの場面を構成する人物は、検事補と弁護士と裁判官という教育水準の非常に高い人たちだ。そのため、最低限の文学的素養は各々が備えており、共通の認識があるという設定であると考えられる。

 

では文学的素養がある人々のカフカに対する共通理解とは何であろう?

 

まず、"Kafka in action"というフレーズをググってみた。しかしヒットするものは無関係の商品のみ。何か慣用句として使われているわけではなさそうだ。

 

次はカフカの作品に共通して表されているテーマを探してみる。対する私の理解が浅いため、この共通認識を深掘りするには時間がかかる。昔、学生の頃にカフカの代表作の一つである「変身」を一読した時に真っ先に心に浮かんだ感想は「気持ち悪い」であった。それから、「無常感」を感じた記憶もある。

 

私がこの字幕を翻訳するのであれば、カフカの作品をもう一度数作読み、共通する概念を洗いざらい浮き出して、その中からこの場面に最適な単語を選びたいと思う。

 

この字幕を訳された方(どなたか存じ上げません。失礼な事を書いていたら申し訳ありません)もきっと、限られた時間の中でカフカの作品を読み漁り、カフカの作品が意味する事を濃縮してから、この場面にぴったりのワードチョイスを抽出してこられたのだろうなと思う。

 

何れにしても、身に覚えのない罪で逮捕され、保釈金を払って保釈されたにもかかわらず保釈を取り消しされそうになっているケーリーの境遇にぴったりな言葉は?と考えると、”理不尽”と訳出して間違いはなさそうだ(もちろん正解もないが)。あるいは”不条理”でもいいかもしれない。

 

教養の高いダイアン独特の語彙に、頭をひねらされた場面であった。

 

もう一度、カフカの作品も読んでみたいと思う。

 

www.kafka-online.info

  

www.netflix.com

 

 

 

 

【映像翻訳】〜記憶に残った字幕〜備忘録1

2017年12月10日

グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン4−17 死因審問

 

映像翻訳を習い始めて早1年。映像作品を見るときは、どうしても字幕に目がいくようになってしまった。

映画やドラマは勉強としてではなく娯楽として観ている。でも折角なので、良いなと感じたり、目から鱗が落ちた!字幕は書き留めておこうと思い、ドラマ・映画の台詞を一部引用して記させていただく。

 

今回は弁護士ドラマのThe Good Wifeから引用。場面の説明をば、簡潔に。

 

女性弁護士のアリシア(左)は、交通事故に遭い亡くなった男性の妻を擁護する。弁護の相手は、事故に不審な点があったとして保険金支払いを渋る保険会社。手前の男性が保険会社の弁護士、ホブソンである。

保険金支払いについてアリシアとホブソンが交渉を開始する場面を紹介したい。

 

f:id:ay-chiwawa:20171210234627p:plain

 

 

青文字:Hobson(ホブソン)黒文字:Aliciaアリシア

 

"Hello, Will Hobson."

どうも ホブソンです

 

"I'm so sorry about your client’s loss"

この度は お気の毒に

 

"Yes, but not sorry enough to pay out her life insurance policy."

それなら保険金の支払いを ←①

 

"My client Wolf & Bland has some questions about the untimely death."

死因について気になる点があるんです

 

"Justice Ludwig died in a car accident

I'm not sure how much more accidental it gets."

不運な事故死の他にどんな可能性が? ←②

 

"Justice Ludwig was talking on his cell phone while driving and his car wasn’t Bluetooth enabled."

ハンズフリー機能がないのに 彼は携帯で通話していた ←③

 

気になった字幕は上の①〜③。

 

今回は①について記す。

①の直訳は次の通り。

「気の毒に思ってくれているのはどうも。でも生命保険金を支払うには気の毒な気持ちが足りていないのね。」

 

となる。より自然な日本語に直すと、

 

「そう、でも保険金を支払うほどは気の毒に思ってくれていないのね。」 

 

意味は通じるが、これでは字幕の制限文字数を優にオーバーしてしまう。

加えて、アリシア独特の鋭いユーモアが伝わらない。

 

では、アリシアはどんな気持ちで何を発言したのだろう?

 

保険金が支払われず困っている依頼人を見て、弁護士は何を思うか?

『気の毒に思うのなら、保険金を支払ってよ!』 という思いになるだろう。

 

この思いを、弁護士の毅然とした口調で、端的に表したのが、画として紹介した字幕:

それなら保険金の支払いを

である。

 

アリシアのやや皮肉な口調は強くは感じられないが、毅然とした態度がスパッと表現されており、気持ちがすっきりする台詞であった。

 

全編はNetflixで観れる。おすすめシリーズなので是非!

 

www.imdb.com

 

【旅行記 フランスーパリ編】出発〜

いよいよ出発です!

【フライト】

エールフランス航空にて成田空港(NRT)を出発。第1ターミナル北ウィングを利用します。飛行機に乗ること約12時間でパリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)に到着します。余談ですが、この空港はフランスの第18代大統領シャルル・ド・ゴールにちなんで名付けられたそうです。

 

フライトの中では映画を山ほど観ました。

新作から人気の作品まで幅広いジャンルを揃えてくれているエールフランス。フランス色が少し濃い目の作品ラインナップでした。

映画が見放題とは!映像翻訳家を目指す人間として、これほど嬉しい環境はない!と期待していたのですが、日本語字幕が付いている映画は皆無でした。残念ながら字幕の研究はできませんでしたが、沢山の映画に触れることはできたから良しということにしましょう。

 

観た映画についてはこちらに後ほど記す予定です。

 

ちなみに、エールフランスの座席に付いている画面はスマートなタッチパネル式でした。無骨なリモコンなど、どこにも見当たりません。テクノロジーの進化を感じます。

 

【空港⇄パリ市内の移動手段】

シャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

  • タクシー

空港からパリ市内へはタクシーで行きます。タクシー料金は1台50ユーロ(セーヌ川右岸の場合)で固定されています。他国でのタクシー利用時によくある、ぼったくり被害に遭う心配はありません。

  • 送迎サービス

空港からパリ市内への送迎サービスをオンラインで予約しようとも考えましたが、日本の旅行会社やExpedia、Veltraで見つかるものは全て往復1万円超(一人当たり)と高く、断念しました。

  • 高速バス

高速バスの利用も視野に入れていました。リーズナブルな値段で、20分間隔で運行しているためとても魅力的なオプションです。ただし、ホテルに近いバス停がなく、重い荷物を運ぶ必要があることを考え今回は断念しました。

 

ということで、運賃のぼったくりがないこと、ホテルの玄関に着くため重い荷物を運ぶ必要がないこと、タクシーを複数人で利用するため料金が安いことの3点を鑑み、今回はタクシーを利用しました。

もう少し荷物が軽ければ、あるいは一人旅であったならば、高速バスが一番良い選択肢だと思います。

 

 

ホテル到着後は荷ほどきをし、夕食を探しに街をプラプラと散策しました。

翌日の予定が非常にハードスケジュールでしたので、早めに就寝します。

 

写真は、ホテルが位置するオペラ通りのお店達。

特にパリのあちらこちらにあるPatisserie(ケーキ屋)やBoulangerie(パン屋)のクオリティーの高いこと。非常にお世話になりました。

f:id:ay-chiwawa:20170719210330j:plain

 

 

翌日は、名所巡りです。

移動手段や入館方法、意外に良かったスポット等につき、後日記します。

続きはこちら:【旅行記 フランスーパリ編】1日目 

【旅行記 フランスーパリ編】初めてのフランス

かねてより行きたかったフランスに、行ってきました!

f:id:ay-chiwawa:20170719182433j:plain

私は以前、当ブログにてフランス語の勉強を開始すると宣言していました。ですが実を言うと、フランス語の勉強は大して捗っていません。恥ずかしながら。そんな自分に喝を入れるために、(あるいは、for pleasureの方が正確かもしれませんが)今回の旅行を計画しました。

 

フランスはもとより、実は欧州にもこれまで行ったことがありませんでした。そんな私が準備の際に気をつけたこと、調べたこと、旅行中に感じたことを素人目線で記します。何を準備すればいいかわからない、という方のために、0から準備した過程を記しましたのでよければ参考にしてください。

 

  1. 事前準備

【フライト】

【ホテル】

⑴ オペラ座界隈は治安が良い

⑵ 徒歩5分圏内にメトロの駅が3つもある

⑶ ルーヴル美術館オルセー美術館セーヌ川オランジュリー美術館、オペラ座シテ島ノートルダム大聖堂、ギャラリーラファイエット(免税店)など数多くの観光名所に徒歩で参ることができる

 

  • ホテルの外観はこんな様子です。

f:id:ay-chiwawa:20170719182539j:plain

  • このホテルに宿泊して感じたことはこちらに後ほど記します。

  

【持ち物・服装】

持って行って便利だったもの、欲しいと感じた物について紹介します。

 

  • コンセントのアダプター

フランスのコンセントはCタイプ(丸い穴が2つ)。一方日本のコンセントはAタイプ(細長い穴が平行に2つ)。そのため、コンセントを使う必要がある場合は変換アダプターを持って行きましょう。

今回私が利用したのはA→Cの変換プラグ(日章工業 2個入り449円)です。今後色々な国を回る方はマルチアダプター(5,999円)でもいいかもしれません(変圧器は不要でした)。

  

日章工業 変換プラグセット(Cタイプ2ヶ入り) L-03

日章工業 変換プラグセット(Cタイプ2ヶ入り) L-03

 
  • セーフティーケース

フランスはスリが多いと聞いていたので、万一のためにセーフティーケースを用意しました。私が利用したのは無印良品のこちら。 

パラグライダークロスセイフティケース・パスポートサイズ ネイビー・約16×13cm | 無印良品ネットストア

(1,000円)。紐の長さが自在に調整でき、非常に軽く、かつ内側にポケットが付いている優れものです。

 

  • 服装

今回の旅行は7月でしたが、東京の7月と違ってフランスの朝夕は肌寒いです。トレンチコートや革ジャンを着てもいいくらい。ただし、7月の日中は30度前後と暑く、ノースリーブで気持ち良い気温になりますので、軽くて保温性のある羽織物があると安心です。

 

フランスの道路は石畳が多く、長時間歩くと足腰に響きます。また石畳は地面が平面になっていないため、ピンヒールなどは避けたほうが良いでしょう。スニーカーや、ヒールが低くソールがしっかりしたサンダルがオススメです。

 

私の旅のお供はこれ。路線図や土地の地図がこと細かく記されているため、方向音痴な私でも安心して旅行に行けます。ただし、食事の写真やモデルプランなど、視覚に訴えるコンテンツはるるぶやマップルの方が充実していますよね。目的や用途に応じて選びましょう。

 

  • 保湿クリーム

日本の夏に比べてフランスは乾燥していました。きになる方は保湿クリームを持っていくのをお勧めします。

 

  • 帽子

フランスで日傘をさしている人は殆どいません。日に焼けるのが嫌!という方はつば広帽子を持って行きましょう。かなり役に立ちました。ただし、聖堂の中では帽子を取ることをお忘れなく。

 

【フランス語の知識】

挨拶と数字しか覚えていない状態での旅行でしたので、言葉が通じないことに対する一抹の不安はありましたが、大丈夫でした。

パリでの会話に関してですが、英語が高い確率で通じます。ただし、英語で会話する場合でも、挨拶と話しかけの言葉はフランス語を用いるように気をつけました。

標識・表示に関しては、英語の表記がない標識やフランス語のメニューしかないレストランが多い印象を受けました。それでも意味を類推できる単語は多く、大変困った!ということにはならないはずです。せめてフランス語の発音方法だけでも身につけておけば、道を訪ねたり食事を注文する際に便利かと思います。また、フランスでの食事を十二分に楽しみたい場合は食べたい食事の単語を認識できるようにしておいた方が良さそうです。

 

頻繁に使ったフランス語は後ほどこちらのページにて紹介します。(※あくまで、フランス語未学習の方のための、これなら覚えられる!というレベルの用語集を作る予定です。)

 

【天気】

先に記しましたが、7月のパリの朝夕の気温は10度台と寒い一方、日中の気温は30度前後にまで上がります。寒暖差にはご注意ください。

 

湿度は低く、東京の蒸し暑さとは異なりカラッとした暑さです。不快感はなく、過ごしやすいです。ただ日差しは強いため、朝の寒さに騙されて油断しているとこんがり日に焼けます(体験談)。

 

続きはこちら:【旅行記 フランスーパリ編】出発〜 

leilei.hatenadiary.jp

 

【映像翻訳のこころ】2-1. 英日字幕翻訳の心構え

  1. 英日翻訳

2-1. 字幕翻訳の心構え

“翻訳者は黒子”

  • 翻訳者の個性を表現するのではなく、筆者(原文作成者)の意図・個性をそのまま表現すべし
  • 翻訳した人にのみ意味がわかり、読み手に伝わらない文はアウト

“訳語に迷ったら”

  • 訳語の正解がわからない場合まず調べる
  • 公式HPや『朝日新聞の用語の手引き』、店頭で売っている実際の商品を参照。
  • 調べてもわからなかったら正解はないため、一番親しみを持てる訳語を用いる。
  • 時代とともに訳語も変わってくる。
  • スラング、タブーな語彙、普及している語彙(ネット)なども、時代とともに変化する。

“時間はどうしよう”

  • リアルタイムショーなど、現地では“こんばんは!”と呼びかけている台詞を日本で上映する際、必ずしも夜の上映になるとは限らない。そんな時は“やあ皆さん”など、自制を不明瞭にする場合がある。
  • 逆に、Netflixなどネット配信ようの映像の場合、視聴者本人が時間のズレを認識しているため、そのまま翻訳する場合もある。

“探偵になろう”

  • 背景の調査は不可欠。
  • 登場人物の生い立ち、背景、職業など、訳出に影響を及ぼす事項は全て調べること。
  • 翻訳者が情報を収集し、整理し、必要な情報を過不足なく訳出する。

“怠け者までをも魅了しよう”

  • 視聴者がストレスを感じることなく理解出来る作品を作る意識で訳すことが重要。
  • 読みやすい字幕を心がける。
  • 読みにくい漢字は使わない。
  • ルビを使う。
  • 長さ、配置に注意する(長すぎる字幕は目の動きを要し、疲れる)。
  • 全角と半角を交えない

【映像翻訳のこころ】1. 映像翻訳の種類

  1. 映像翻訳の種類

映像翻訳には大別して字幕翻訳と、吹き替え翻訳の2種類がある。

吹替翻訳は更にボイスオーバー(VO)とリップシンクの2通りの翻訳に分かれる。

 

<特徴>

字幕:視覚情報、情報量は少ない

目で見て解りやすい語彙を用いる必要あり

吹替:聴覚情報、情報量は多い

音声化しないと映画にならない

耳で聞いて解りやすい語彙を用いる必要あり

次の記事は:2-1. 字幕翻訳の心構え